ブログ 庭あそび

山陰もいいとこだで

こんにちは坪井です。今年は台風の当たり年のようですね・・・

お庭の老木は強風に耐えられそうですか?弊社の得意先様でも木が傾いたりと被害がありました。今一度ご確認されたほうがいいかもしれませんよ!

 

 

 

 

さて、夏休みの続き。植物園にいったあとは京丹後市は”立岩”に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

古本屋の端っこにあった日本の絶景100選みたいな写真集を立ち読みしてたところ、この立岩の景色が載っていました。

「実家から割りと近くにこんな絶景があったなんて・・・!!夏休みいくしかねェ!!」

 

ということで早速みてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい・・・海にぽつんと島があると思うと、よく見ると岩一つ一つが天にむかって岩が生えていっているようです・・・

柱状玄武岩という石でして、多角形のながーい石の塊です。六方石という庭によく使われる石もこの仲間ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1キロくらい先にも玄武岩の荒々し岩肌が・・・! もう歩き疲れたので遠目で満足。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(日本の風景 様より引用)

 

 

 

 

 

 

 

玄武岩といえばこれまた近所の玄武洞(豊岡市)というものがあります。

人が作ったのかというくらい見事に規則正しく隙間なく敷き詰められています。

 

 

 

 

 

改めて玄武岩を庭で使ったらいい雰囲気だしそうだな~!

ええな~!ほしい~!

 

でも天然記念物なので新規に採掘することはできません・・・

残念。

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを思っていると・・・

なんと!遊びにいってた友人宅の畑のすみに玄武岩が打ち捨てられている・・・!

今まで意識してみてなかっただけでこれは探せばそこらじゅうに山ほどありそうです・・・!

 

 

これは独立後が楽しみです笑              今日はこれでおしまい。

2018.09.02 by 猪鼻 一帆

但馬高原植物園

お盆が過ぎ、気持ちのよい風が吹いてきましたね。こんにちは、職人の一人の坪井です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はお盆休みの間に実家近くの、但馬高原植物園にいってきたので、そこのご紹介を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

但馬高原植物園。ところは兵庫県香美町村岡町和池。

スキースノボー好きの方なら聞いたことがあるかもしれない、ハチ北スキー場の近くにあります。

かなり田舎で、さらに山の中にあります。入場料はたしか大人510円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入って少し歩くとすぐにこんな景色です。きれいな山のなかの景色ですね~ 園の7割くらいがこのような景色です。

半日くらいあるいてまわってましたね~

ぼくの目指す庭の究極はこういうんじゃないかな~なんてぶつぶつ考えながら。

とっても気持ちのよい空間、空気です。これが森林浴ってやつです。森林浴。

ちなみに植物の名札とかほとんどありません笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園のあちこちにきれいな小川や池、湿地があります。

改めて写真みてるだけでなんかもう気持ちいいですね~笑 水の流れっていうのはなぜこんなに癒されるんでしょうか。

めちゃめちゃ澄んで、めちゃめちゃ冷たいです。

 

 

 

どこから流れてきてるのか、辿ってみますと・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーん!!!と大木が。ど迫力。

木の股を通って水が流れてきてます。この木はカツラの木だそうです(確認しようにもでかすぎて葉っぱがよく見えない笑)。

右横の人とくらべてもらったら大きさがなんとなく伝わるとおもいます。高さ38m、幹周り16mあるそうです。どれだけ顔をあげても梢が見えません。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

大カツラのすぐ横手に水のみ場があります。冷たくておいしいです。

紹介は以上です!あ、併設されているレストランには但馬牛の部位食べ比べコースがあったりするらしいです。ぼくのおすすめスポットなのでぜひ皆様もいってみてください! おわり。

 

2018.08.25 by 猪鼻 一帆

新境地

お盆前の怒涛の剪定も残すところあとわずか。尋常でない暑い夏ですが、なんとか乗り越えられそうです(^▽^)ゝ

本題に入るまえに・・・

 

※今回は虫の写真ばかりですので閲覧には注意してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭にはつきものの虫。そのなかでも人に直接被害のあるのがアシナガバチ。

この仕事をしてると毎年数発刺されますね~  私も今年は2発刺されました・・・

命にかかわることはほぼないのですが、めっちゃ痛いです。みなさんも、よく茂ってる木や軒さきあたりによく巣を作るので注意してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回はそのアシナガバチを・・・

食べちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂の子ですけどね!

 

 

 

 

 

つい先日現場にて・・・

 

親方が殺虫スプレーを使わずに器用に蜂の巣を取ってきたかと思うと、

おもむろに、まるでピーナッツを食べるかのように蜂の子を口に放り込んでいました。

 

 

 

 

 

 

一同唖然・・・

 

 

 

 

 

 

蜂の子を普通に食べる地域があるということを頭ではわかっていても、目の前で、しかも生で食べているのを見るともうびっくりです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてやはり来ました。

 

「ほら、食べてみ」

 

 

 

 

 

 

 

 

親方が食べろといっているのに弟子の私が食べないわけにはいきませぬ・・・

 

 

 

 

 

 

 

意を決して・・・

 

 

 

 

いざ・・・

 

 

 

 

 

実食!!

 

 

 

 

 

 

 

えびの頭のみそのような味。さらにクリーミーで割と美味しい(笑)

焼いみたらさらに美味しい・・・昆虫食に目覚めてしまいそうです・・・

 

 

 

みなさん食わず嫌いはいけません。思い切って食べてみましょう。新しい境地が切り開かれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、食べてみよう!という方に。

親方直伝の殺虫スプレーを使わずに蜂の成虫を追い払う方法をご紹介。

くれぐれもスプレーのかかった蜂の子は食べちゃだめですからね。

 

 


 

 

 

 

へたくそで申し訳ないのですが、絵のように2枚の新聞紙を大小に広げて広範囲に一気に火をつけます。

 

 

それをそーっと巣に近づけます。そうすると成虫たちの羽が一瞬で燃えちゃいます。こうなれば勝負はついたも同然です。

 

 

巣の下に落ちてった成虫たちを尻目にすばやく巣を取って、その場から少し離れるともう大丈夫です。

ハチが追ってきたりすることも滅多にありません。

あとはピーナッツのように口に放り込むだけです。

 

 

 

 

 

※あくまでアシナガバチのはなしです。スズメバチ相手には参考になりません。しかもスズメバチは超攻撃的かつ執念深く、毒性も強いので大人しくスプレーか業者に頼りましょう。

でも、うまいらしいです。(笑) おしまい。

 

坪井

 

 

 

2018.08.07 by 猪鼻 一帆

看板の裏側が知りたくて・・・

まだ7月だというのに毎日ものすごい暑さですね。皆様もお庭の植物たちにお水遣りしてあげてくださいね!

カンカン照りの昼間に水を遣るとお湯になってしまい根や葉を傷めてしまうので早朝や夕方にすることをおすすめします!

 

 

 

 

 

 

さて、また更新をサボってしまったわけですが…まあ特に気にせずに書いていこうと思います(笑)

ほとんど見えない裏側なので、当初は木そのままで行こうと思っていたのですが、やってるうちにどんどん楽しくなってきてしまって予定変更!

当時竹でかごを編んでみたりしていたので、それをヒントに銅の板で編んでそれで装飾することにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幅4センチ、厚さ0.25ミリの銅の板を仕入れてきて、さっそく定番の足代編みをしてみました。

悪くはないけどおもしろくない・・・もうちょっと難しいやってみよう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

亀甲網代編みっていう看板の表側にも合う、ちょうどいい編み方があったのでやってみました!

複雑でなれるまで頭こんがらがって悪戦苦闘・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか無事に編めました。

気に入ったのでこれで決定!板にあわせてカッティング!

最終仕上げをしていよいよ完成です・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

このように仕上がりました♪ 表も気に入ってますがやっぱり裏を見てほしい(笑)

もう少し時間がたつと銅がさびてさらにかっこよくなってくれると思います^^

つぎは何を作ろうかな~ 次回もお楽しみに~

2018.07.27 by 猪鼻 一帆

看板づくり

大変ご無沙汰しております。坪井です。

今年度に入ってから週に一度、京都造園組合の造園訓練校に通わせていただており、同世代の同じ志を持つ方たちと知り合うことができ、かなり刺激を受けております!

 

 

さて今回は個人的に仲良くさせていただいている大阪のおすし屋さんの看板を作らせていただきました。(ほとんど勝手に笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朴の木の板に下書きをしてそこからはひたすら彫り彫り・・・

木っ端で部屋がみるみる散らかっていきます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に我流ですが、なんとかうまいこと彫れたんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彫って下がった部分を際立たせるために黒く塗りつぶしました。そのまま板に書くより影ができるおかげで立体感があっていい感じです。

あとは色の薄い柿渋を3度塗りしました。彫ったさいにできた小さな凹凸がいい感じに際立って予想外にいい感じになりました!

 

 

次回は看板なのに無駄にこだわった裏面のご紹介をさせていただきます!更新サボらないように・・・

 

2018.06.28 by 猪鼻 一帆

蓋置き風のパイプ隠し

今回からちょいちょい書き出します、坪井の手仕事シリーズ!

第一回目は蓋置き風のパイプ隠し です。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の水琴窟には、音色を変えるための装置を水琴窟本体のそばに設置するのですが、ねずみ色のパイプがむき出しになってしまいます。

その問題を解決するために今回は茶道の蓋置きをマネてこんなものを作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孟宗竹の皮をナタできれいに削いで整形し、節の部分をキリと細鋸で水抜きをあけてできあがりです。

なかなかかわいらしいですね。これをもとに小さなダストボックスなんかつくれたらいいなあとか考えてます。次回の手仕事シリーズも乞うご期待!

ではでは~                              坪井

 

 

 

 

 

2018.05.10 by 猪鼻 一帆

竹のパーテーション

3月初旬に神戸の竹中大工道具館にパーテーションを届けにいきました。坪井です。

デザインからほぼすべて任せていただいたので、かなり気合い入れて作らせていただきました!

設置する場所が、はつろう会を主催された大工さんらが作られた喫茶室なので半端なものは作られないとかなり緊張しました。。

 

 

 

 

 

白竹を使って扇状の形にしてみました。

すべて同じ長さの竹を使っているので、扇の下側が開いてきて軽い感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縄がけもかかいずるのみであっさりめ。主張しすぎず庭と建物の邪魔にならずにいい感じです!

 

 

 

 

もうひとつは黒竹をつかっての背の高いものも作らせていただきました。竹同士の間隔が狭いので縄かけにほんとに苦労しました(笑)

こちらは隅の隅にあるのでほとんど見てもらえません・・・(笑)

もしお越しの際は宝探しじゃないですけど探してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置させていただいたときにちょうどおもしろそうな展示会がありました。

みんな大好き、ジブリです!しかもテーマが珍しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

ジブリといえば魅力あるキャラクターに目が行きがちですが、実は建物へのこだわりが半端じゃありませんでした!

見てくれだけでなく、建物として矛盾がないかなどあらゆるポイントがことこまかく設定されていました・・・!

あんまり書いてしまうとネタばれになってしまうのでここら辺にしておいて・・・5月6日までやっているのでぜひ!ついでに庭やパーテーションもみにきてください!

 

 

 

2018.04.03 by 猪鼻 一帆

はつろう会

こんにちは。梅の花がちらほら咲いてきました。春はもうすぐそこまで来ているようですね。坪井です。

竹中大工館の喫茶室の建設と造園でしばらく同じ現場で仕事をさせてもらっていた、すご腕の大工さんのお誘いで1月13、14日に開催されたはつろう会に参加させてただきました!

 

 

 

 

 

 

今日ふつうに使われているノコギリや台カンナが登場する以前に使われていた大工道具であるマサカリ、チョウナ、槍カンナがこの会の主役です

(槍カンナは撮り忘れていたので検索してね)

これらをつかって木を斫(はつ)る技術を継承するのが、はつろう会です。 「斫る」とは表面をそぎとる、削りとるという意味です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサカリだなんて昔話の金太郎でしか聞いたことがなかったので立ち木を切り倒す以外にどう使うんだろうと思っていました。
ノコギリがない時代にはこのように丸太をマサカリでばっさばっさはつって角材にしていったそうです。

 

実際やらせていただきましたが、やはりものすごい重い!思い通りのポイントにめがけて振るのがまずできませんでした(^^;)

しかし熟練の職人さんはマサカリひとつでデコボコの表面をきれいに平らにならしていくんだから驚きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサカリで大体平らになったら次はチョウナの出番です。湾曲した持ち手の先にハマグリのような刃がついている道具です。

大工のみなさんは簡単そうに表面をぽこぽこはつってさらにきれいにならしていっていましたが、僕がやるとひっかかりまくったり、足をぶった切りかけたりとこれまた非常に難しかったです。

 

 

槍ガンナもやらせていただけるようでしたが時間がなくて断念。その名の通り槍のような刃物で削りとる道具です。

ここで聞いた話ですが法隆寺の木材は槍ガンナ仕上げで、実は台カンナより撥水性に優れたりしているそうですよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名栗という床柱につかうような銘木もこのチョウナで模様をつけて作ります。

うちの作業小屋になぜかチョウナがあったので近々挑戦しようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも大鋸も触らせていただきました!

とてもいい勉強になりました。来年のはつろう会にはMYチョウナできれいにはつりまくって大工さんらを驚かせられたらいいな~

ではではまた次回~

2018.02.25 by 猪鼻 一帆

エルベシャプリエ京都別館


 

 

京都三条に新しくできた、フランスの鞄屋さん「エルベシャプリエ京都別館」

今回、いのはな夢創園が庭をリノベーションさせていただきました。

素敵な京町屋を改装してつくられており、和洋が上手く融合されたお店のつくりになっております。

 

 

リノベーション前の写真を撮っておけばよかったのですが、、、、

もうジャングルみたいになっており、庭に光が全然入っておらず真っ暗でした。

庭全体を覆い隠している木々を光が入るように剪定(木をハサミを入れて整える)してやることで庭が明るくなります。

 

 

木も大きくなり過ぎると家の方には手に負えなくなります。

庭が暗くなり、光が入らないので足元の植物は生きることが出来なくなり、風が入らないので病気や虫も増えてしまう悪循環に。

木に少しハサミを入れてやることで風通しが良くなり、庭が元気になります♪

 

 

木を剪定してやり、光が入ったので、苔や下草などを植栽してやります。

苔が入ると庭がよみがえりますね~♪

 

 

もともと良い庭なので、積もった葉を取り除いてやり、長い年月で傾いた石を直して本来の形に戻してやります。

そこに苔をはり、下草を植えて砂利を撒いて完成。

夏は涼しく、冬は暖かく四季を感じられる庭に戻りました。

 

 

先日、オープニングパーティーに呼んでいただきました。

流石はエルベシャプリエ、上流階級の方々が続々と来られていて。

浮いた存在ではありましたが、普段接することのない方々とお話が出来てとても楽しかったです。

 

 

 

 

2018.02.25 by 猪鼻 一帆

藤井寺の料亭3 本庭

今日からまた再開していきます。ご無沙汰しております。坪井です。

さて、今回は前々回の続き、藤井寺の料亭の本庭について紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

こちらのお施主様は代々続く料亭のご主人で、趣味が根付のコレクションだったりと、目が非常に利く方です。

数ある造園屋の中から夢創園を選んでくれたと、百戦錬磨のうちの親方が、いつにも増して情熱と秘蔵の材料をつぎ込んだのが今回の本庭となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

像熱と秘蔵の材料というのが、桂垣、雪見灯篭、景石、井戸瓦、創作枝折戸の五つです。

桂垣と創作枝折戸、井戸瓦についてはまたおいおい紹介していきますので、今回は雪見灯篭と景石について紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪見灯篭。こちらはかの有名な映画監督伊藤大輔の旧邸よりもらい受けたものだそうです。

彼もかなりの目利きだったそうで、やはり見た目のバランスはもちろん、パーツごとのホゾなどていねいに作りこまれた逸品です。

 

 

景石は日本三大銘石のひとつの佐治石を据えさせていただきました。

表面のデコボコ、いわゆるジャグレている岩肌、また緑泥石などの鉱物が含まれているため全体的に青黒いのが特徴の渋く美しい銘石です。

現在採取が禁止されているので、この大きさの佐治石はなかなか流通していないこれまた親方秘蔵の逸品です。

 

 

 

 

 

決して大きな庭ではないですが、これだけいい材料をつかい、手間と技術をかけると非常に見ごたえのある庭となりました。

ブログをご覧いただいた皆様もぜひ料亭のおいしい料理を食べに行くのと共にこちらのお庭を見てってください! 詳しくは当社へお電話をおかけになるかメールを送ってください。

 

 

次回もおたのしみに!     坪井。

2018.02.14 by 猪鼻 一帆