ブログ 庭あそび

庭師の技術を身に付けたい方、募集します。

京都 いのはな夢創園では庭師として仕事をしたい人を募集します。

 

庭師は、植物や自然素材を使った仕事で、この先とても必要とされ未来のある仕事です。

 

庭師と言っても店によって仕事は様々、街路樹剪定、外構工事、なども庭師としての仕事とされています。

「いのはな夢創園」は基本的に個人邸や会社などの庭をつくる仕事がほとんどです。

 

庭造りをしたくて京都に夢を持って庭師の修行に来たのに、なかなか庭つくりに携われない・・・。

 

将来、庭師として生きていきたい。

 

植物や石、水など自然のものと一緒に仕事がしたい。

 

など、経験は問いません。

 

あなたも私達と一緒に「いのはな夢創園」を背負って仕事をしてみませんか?

ホームページのお問い合わせからメールでご連絡下さい。

追って詳しい内容をご連絡させていただきます。

又は直接電話で問い合わせして頂いても構いません  090-5659-8982 猪鼻一帆(イノハナ カズホ)

 

 

募集人数は1人とさせていただき、決まり次第公募は締め切らせて頂きます。

 

応募資格

 

経験  問いません。

 

年齢  30歳まで。

 

資格  普通免許

 

 

2019.03.19 by 猪鼻 一帆

卒業制作の準備

親知らずを抜歯したので、今週私の顔の片側はパンパンです・・・。

こんにちは坪井です。

 

 

 

 

 

ニワシドリの巣かっこいいー!というところまでお話したところでしたね。

ということでこれを門(額縁)として庭に取り込んでいこうとおもいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを作ろうと考えてからは年末の剪定で出たサルスベリや萩の枝をひたすらに集めて回りました。

ワイヤーメッシュ(金網)を骨組みにして、編み目に枝をきれいにつめていきます・・・。

 

 

 

 

 

 

規則正しく・・・どんどん入れていき・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになりました!

思わず入りたい///覗きたい/// って感じ笑

本番はもう少しボリュームつける予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が忙しくって時間がなかなか取れなかったので夜に仮組みしています・・・。
寒いし疲れてるけど、あーだこーだ庭作りを詰めていくのはめちゃめちゃ面白いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試験前日の荷造り完了時写真です。材料が2トントラック目いっぱいになりました笑

こんな大量に持ってきてたのはぼくだけでした笑

さて次回はいよいよ完成品をご紹介させていただきます!おたのしみに~  坪井。

2019.03.19 by 猪鼻 一帆

ニワシドリの巣

花粉症の方はつらい季節ですね。かくいう私もバリバリ花粉症です。こんにちは、坪井です。

庭師さんが花粉症だなんて!ってよく笑われちゃいます。笑

 

 

 

 

さて、今回は2月に開かれた京都造園高等職業訓練校の実技試験について書こう思います。

去年の4月からこの訓練校に通わせていただいております。

京都の造園会社の若手(20、30代くらい)が集まって週に一度勉強するもので、その卒業試験のひとつとして実技試験があります。

実技試験といっても内容は、各人が自由に設計・施工するというものです。オリジナルの庭造りです!

 

 

 

 

ルールは・・・

・準備、施工は本人1人

・制限時間2時間(延長はプラス30分まで)

・広さ3×4メートル

・クレーンなど大がりな道具は使用できない。(電動ドライバー等はOK)

 

と、こんな感じです。なかなか厳しい条件です。

3×4メートルって結構ひろいです。それを2時間で手作業で・・・。よく考えて工夫しないとちゃちな庭しかできそうにありません。

 

 

大きな石も植物も使えない。軽くて迫力のあるものをいれたいな~・・・ヒントを求めて図書館の本を漁っていたら気になる本を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったとおりアイディアの宝庫でした!

その中でも一番気になったのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワシドリという鳥の巣です。

いい形してますよね~とてもかわいらしい。

子育てをする巣ではないのです。繁殖期にオスがメスを引き寄せるためだけのいわば  ”愛の巣”  なんです。なんだかさらに魅力的。

 

 

 

 

 

ということでこれをメインパーツとして今回の庭に取り入れてみることにしました!

次回は試作風景を書こうと思います。おたのしみに~    坪井。

2019.03.10 by 猪鼻 一帆

庭師は忍者だったお話。

中川政七商店という会社をご存知でしょうか?

 

日本に元々ある生活雑貨や食べ物などを現代にバージョンアップして活躍している会社です。

 

そこが運営している「さんち」というメディアに取り上げて頂きました。

 

京都と竹と庭師のお話。

 

下記のURLより「さんち」のページでお楽しみください。

 

https://sunchi.jp/sunchilist/kyoto/71242

 

さんちとは

友達が地元を案内してくれる旅、プロがすすめる道具や宿。新しいもの、場所に出会う時、自分のことも相手のこともよくわかっている友達のような存在がいると心強いものです。

「さんち」は、友達のようにあなたと全国の工芸産地をつなぐ、旅のおともメディアです。

暮らしの道具である工芸は、全国に300ほど産地があると言われています。もし、その産地へ実際に行き、ものが生まれる瞬間や背景に触れることができたら、きっとその道具に愛着がわきます。そして普段使っている道具も、その生まれた背景を知りたくなるはず。そんな時、一緒に産地を訪ねていける、旅のおともとなれたら。

そんな愛着の持てる道具と暮らす毎日につながる、発見にみちた産地旅へのおともに、「さんち」は日本全国の工芸と産地の魅力をお届けします。

 

 

 

2019.03.06 by 猪鼻 一帆

いまさら 門松2

今日の京都は雨でした~♪

 

今年の三月は雨が多いですね、雨が降るたびに暖かくなり春が近づくと幾つになってもワクワクします。

 

さて、いまさら門松二回目です。

 

こちらは神戸にある竹中大工道具館の門前、門松がなくても立派な門構えです。

 

 

 

門松の土台となる石(油臼と言い、この上に丸い臼を二枚重ねて使っていたもの) 石の受け皿も良い絵になります。

 

その上に素焼きの水瓶を設置します。

 


 

藁をデザインして巻いていきます。

 

この藁は神戸の茅葺職人からわけてもらった藁で、色も白くとても綺麗♪

 

 

門松は同じものを二つ創るのですが、手作りなので左右で少々デザインが変わってくることもあります 笑

 

まだこの時点で完成が私の頭にも浮かんでいません、創作なのでもちろん図面もなく即興でつくっていきます。


 

だんだん形になってきました!

 

竹藪から切り出してきた竹が、大きな門の前でも負けない存在感があります。

 

竹を細く割って、飾りをつくっていきます。

 

思い描いたものをその場でつくっていくのは、とっても楽しい仕事ですし、それを形にできる喜びがあります。

 


 

いのはな夢創園がつくる門松はオリジナルです。

 

その場に合わせて私が創らせていただき、嬉しいことに沢山の来客の方に喜んでいただけました。

 


 

こちらの門松は、京都二条千本通り。

 

つくるのに3日ほどかかりましたが、こちらも良いものができました。

 

庭師がつくるのですから、石、植物など日々私達が使い慣れた材料ばかり、面白いものができて当たり前です 笑


 


 

こちらも竹を細く割って、それを編んでつくりました。

 

竹は、真っすぐであり、柔軟性もあるので美しい曲線を描くこともできます。

 

京都らしいかと言われれば少し違うのかもしれませんが、京都の庭師がつくる門松は、こんなにも自由で面白いものが創れます。

 

これを見て、少しでも門松のある景色って良いな~と思ってもらえるなら嬉しいです。

 


 


 

 

 

門松を創るのがその年の最後の仕事。

 

その一年、自分が植物や石にどう向き合ってきたかが試されます。

 

材料を見て、何を発想できるか? どうすれば植物も石も輝いてくれるのか?

 

庭をつくる時とまったく同じです。

 

二週間ほどでなくなってしまう門松ですが、竹の青さ、植物の瑞々しさが新たな気持ちで年を迎えさせてくれます。

 

いのはな夢創園に毎年つくる場所を与えていただくお客様に感謝です。

 

猪鼻一帆

 

 

2019.03.06 by 猪鼻 一帆

雨の日は・・・

ご無沙汰しております!坪井です。

 

 

 

 

季節の変わり目で雨の日が多い今日この頃。

外仕事のわたしたちにとって雨は天敵・・・。そんな日は屋根の下で大人しく内職します~!

 

 

 

 

この日は次の現場のガレージのモルタル床の色を調合しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココアみたいな色の紙を渡され、この色を作ってくれ、と。調合開始です。

1グラム単位で色粉を混ぜていきます・・・。小さじや計量器など使ってるので、はたから見ると料理してるみたいです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7つ目でようやくそっくりの色に!

並べてると化粧品みたいですね。笑

右下の二つあたりで決まるんじゃないかな~と思いますが、一体どんなガレージになるんでしょうか。楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調合や表面の加工をかえるだけでこんなにも表情を変えてくれます。

かなり自由なこの素材で、お家のガレージやアプローチを変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ガレージ完成しだいまた載せようと思いますのでお楽しみに~。

 

2019.03.03 by 猪鼻 一帆

いまさらですが門松 

数日前に「もう春ですね」なんて投稿してたのに、今回は門松のお話です 笑

 

季節を大切にする庭師なのに季節外れの野暮な記事で申し訳ありません・・・

 

正月の頃誰もが一度は見たことのある門松。

 

これってどうやって創られているかご存知ですか?

 

いのはな夢創園では、毎年創作で門松をつくっています。

 

誰もが見たことのある門松を、誰も見たことの無い門松へ。

 

様式美や作法などは守りつつ、門松をバージョンアップです!

 


 

門松に必要な竹、竹もいろいろあり、門松に使用する竹はモウソウチク。

 

太くて肉厚なので、まっすぐ力強いイメージの門松にピッタリです。

 

普通は竹屋さんで竹を買うのが一般的ですが、私達は竹藪に切り出しにいきます。

 

毎年竹を切らせていただいている京都の山。

 

 

朝霧がたちこめる竹藪、幻想的な景色です♪

 

この中からひとつひとつ選んで切り出していきます。

 

山の中で竹を選んでいると全部欲しくなります 笑

 


 

店に並んでいる竹を買うのと、自分で竹藪から切り出すのでは材料に対する愛着が違います。

 

竹一本が愛おしく、べっぴんさんに見えてきます 笑

 

それは創る門松にも現れてくると信じています。

 

 

ただ、このべっぴんさんな竹・・・・笑えないくらい重いのですが・・・・

 

 


 

外は青く、切った中は真っ白な竹。

 

これ以上ないほど良い状態です。

 

とても清潔な香りがするんですよ♪

 

 

 

 

こちらの門松は、神戸にある竹中工務店の資料館、竹中大工道具館の門に飾らせて頂きました。

 

次回は門松を創る工程のお話、季節外れにもう少しお付き合いください。

 

猪鼻一帆

2019.03.01 by 猪鼻 一帆

零れそうな梅の花


もう春ですね♪

今年の京都はあまり寒い日もなく、庭師の私達には有難いことです。

例年でしたら寒さに弱い私はダルマのように着込んで仕事してますから、動きにくくて仕方ない・・・。

 

庭師の冬は何の仕事をしていると思いますか?

庭をつくるだけが庭師の仕事ではありません。

冬は今年の庭を元気よく自由に木々が生きてくれるように、植物の声を聴く時期です。

庭は一つの空間ですが植物は一種類だけではありません。

木によって欲しがっている栄養も違うのです。

栄養だけではなく、土の状態、病気、害虫など、ひとつひとつの木を診断して適切な対応をします。

これを「寒肥」と言い、ただ肥料を入れるだけではないのです。

もう一つ大切な事は、木を大きくすることが目的ではない事。

広大な庭ならそれも必要ですが、いまのライフスタイルに適した庭は木が大きくなり過ぎることは、お客様にとってストレスになってしまうことがあります。

木も生き物ですから、成長するのが定め。

そのバランスを取ってやるのが庭師の仕事です。

大きく成長させるのではなく、葉を充実させたり、花をよく咲かせてあげたり、実付きを良くするなど、木にとって他のメリットを与えてあげることにより背が高くならずとも

木は納得してくれて元気に育ってくれます。

元気な木でないと人は癒しを得ることは出来ません。

 


 

こちらの紅梅。

今にも蕾が零れ落ちそうですね~。

まだ寒い時期に庭の先駆けとして咲く梅の花が大好きです。

木は人と違い年齢を言い訳にしません、幼いころも、100年経っても真っ赤な花を咲かせます。

葉も出ていない冬の庭に、赤い蕾がなんともエロティックですね♪

 

冬が袖振る 春近く

100歳かわらず蠢ひて

赤く膨らむ恋心

 

猪鼻一帆

2019.02.27 by 猪鼻 一帆

山陰もいいとこだで

こんにちは坪井です。今年は台風の当たり年のようですね・・・

お庭の老木は強風に耐えられそうですか?弊社の得意先様でも木が傾いたりと被害がありました。今一度ご確認されたほうがいいかもしれませんよ!

 

 

 

 

さて、夏休みの続き。植物園にいったあとは京丹後市は”立岩”に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

古本屋の端っこにあった日本の絶景100選みたいな写真集を立ち読みしてたところ、この立岩の景色が載っていました。

「実家から割りと近くにこんな絶景があったなんて・・・!!夏休みいくしかねェ!!」

 

ということで早速みてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい・・・海にぽつんと島があると思うと、よく見ると岩一つ一つが天にむかって岩が生えていっているようです・・・

柱状玄武岩という石でして、多角形のながーい石の塊です。六方石という庭によく使われる石もこの仲間ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1キロくらい先にも玄武岩の荒々し岩肌が・・・! もう歩き疲れたので遠目で満足。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(日本の風景 様より引用)

 

 

 

 

 

 

 

玄武岩といえばこれまた近所の玄武洞(豊岡市)というものがあります。

人が作ったのかというくらい見事に規則正しく隙間なく敷き詰められています。

 

 

 

 

 

改めて玄武岩を庭で使ったらいい雰囲気だしそうだな~!

ええな~!ほしい~!

 

でも天然記念物なので新規に採掘することはできません・・・

残念。

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを思っていると・・・

なんと!遊びにいってた友人宅の畑のすみに玄武岩が打ち捨てられている・・・!

今まで意識してみてなかっただけでこれは探せばそこらじゅうに山ほどありそうです・・・!

 

 

これは独立後が楽しみです笑              今日はこれでおしまい。

2018.09.02 by 猪鼻 一帆

但馬高原植物園

お盆が過ぎ、気持ちのよい風が吹いてきましたね。こんにちは、職人の一人の坪井です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はお盆休みの間に実家近くの、但馬高原植物園にいってきたので、そこのご紹介を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

但馬高原植物園。ところは兵庫県香美町村岡町和池。

スキースノボー好きの方なら聞いたことがあるかもしれない、ハチ北スキー場の近くにあります。

かなり田舎で、さらに山の中にあります。入場料はたしか大人510円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入って少し歩くとすぐにこんな景色です。きれいな山のなかの景色ですね~ 園の7割くらいがこのような景色です。

半日くらいあるいてまわってましたね~

ぼくの目指す庭の究極はこういうんじゃないかな~なんてぶつぶつ考えながら。

とっても気持ちのよい空間、空気です。これが森林浴ってやつです。森林浴。

ちなみに植物の名札とかほとんどありません笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園のあちこちにきれいな小川や池、湿地があります。

改めて写真みてるだけでなんかもう気持ちいいですね~笑 水の流れっていうのはなぜこんなに癒されるんでしょうか。

めちゃめちゃ澄んで、めちゃめちゃ冷たいです。

 

 

 

どこから流れてきてるのか、辿ってみますと・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーん!!!と大木が。ど迫力。

木の股を通って水が流れてきてます。この木はカツラの木だそうです(確認しようにもでかすぎて葉っぱがよく見えない笑)。

右横の人とくらべてもらったら大きさがなんとなく伝わるとおもいます。高さ38m、幹周り16mあるそうです。どれだけ顔をあげても梢が見えません。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

大カツラのすぐ横手に水のみ場があります。冷たくておいしいです。

紹介は以上です!あ、併設されているレストランには但馬牛の部位食べ比べコースがあったりするらしいです。ぼくのおすすめスポットなのでぜひ皆様もいってみてください! おわり。

 

2018.08.25 by 猪鼻 一帆