ブログ 庭あそび

紅葉は庭のごちそう

 

紅葉が見ごろの時期になりましたね。やはり見所の多い京都はいつも以上に観光の方々で賑わっていますね~

 

 

 

「紅葉は庭のごちそう。葉は大事にするように。」とこの時期の剪定をするときに親方からよく言って聞かされます。

下の写真のお宅のお庭に剪定に入らせていただいた時に、きれいに頭から赤く色付いたモミジを見てまさにその通りだなあとおもいましたね~

愛情をもって一年間見守ったご主人への”ごちそう”と呼べる庭の醍醐味ですね!

 

 

 

 

 

剪定に入らせていただく度に、驚くほど綺麗に掃除や草引きをしていただいているこちらのお庭。木々もそれに応えるかのように強く美しく育ってくれています。

 

 

 

もみじがあまりにも綺麗だったため藤井寺の料亭のお庭の続きを一個飛ばしてしまいました笑

そちらはまた次回に書かせていただきます!お楽しみに~                                           坪井

2017.11.24 by 猪鼻 一帆

藤井寺の料亭のお庭1 あられこぼし

少し前ですが藤井寺市の料亭のお庭の紹介をさせていただきます。坪井です。

メインの庭は次回以降のお楽しみということで、今回は入り口部分のあられこぼしの紹介をせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

細かい作業が大好きなものでしてこういう記事ばかりなきがします(笑)

今回は石臼と伊勢ゴロタ石をちりばめたデザインとなっています。

 

お施主様と石臼の配置を相談させていただき据えてからは、ひたすら3~10センチほどのゴロタ石をモルタルで据えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

隣り合う石とうまく合わせていくのは、さながらパズルやテトリスです。 あまり共感してもらえませんが、きれいにどんどん埋まっていくのは私にとっては本当に楽しいもんで、ほんと一日中できます(笑)

バランスよく大中小の石をちりばめることと、目地(石同士の間隔)をなるべく一定にすることがきれいに見えるポイントです。

 

ちらちら写っている黒い差し石や杉皮もそうですが、まだまだ施工させていただきましたので次回もお楽しみに。 坪井。

 


2017.11.08 by 猪鼻 一帆

井戸蓋の作り替え

気付けばもう11月。忙しさにかまけてずいぶん更新をさぼってしまいました。坪井です。

 

神戸へ泊りがけで出張庭造りをさせていただいたり、大阪でワークショップをさせていただいたりと忙しくも楽しい日々を送らせていただいております。

 

 

さて、今回は得意先様の竹垣や かけひ の取替えと共に井戸蓋も一緒に取替えさせていただきました。

当日台風直撃により現場で時間が取れなかったので急遽アパートの自室で作ることに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

小竹を寸法通りに切って、上から見てまっすぐに見えるように並べます。縄が通るとこにあらかじめ線を引いておくときれいな縄のラインがでます。

あとはひたすら  ”とっくり結び”  をかけまくります。一本一本ぎゅうぎゅうにしめながら~・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

せまいアパートの室内ということに苦戦しながらも完成です。これを井筒の上にかぶせてあげます。

これだけでもなんだかおしゃれな感じがしますね~竹ってやっぱりいいもんですね!

 

 

 

 

 

 

 

今回の唯一の遊びどころの取っ手部分。男結びを繰り返してだんご状にして握り持つ取っ手にしてみました。ちょっと引っ張りすぎて最後の竹の部分の縄が寄ってしまったのが反省点です。

(順序が逆ですが時間と場所がなかったので竹自体は最後に洗いました。)

 

 

染め縄っていう墨で染色した縄を濡らして使ったのでアパートのいたるところに墨の汁が飛び散ってしまいました(;д;)

大家さんとカーペットごめんなさい。笑

 

では今回はこのへんで。また次回もお楽しみに~                        坪井

 

 

2017.11.04 by 猪鼻 一帆