ブログ 庭あそび

はつろう会

こんにちは。梅の花がちらほら咲いてきました。春はもうすぐそこまで来ているようですね。坪井です。

竹中大工館の喫茶室の建設と造園でしばらく同じ現場で仕事をさせてもらっていた、すご腕の大工さんのお誘いで1月13、14日に開催されたはつろう会に参加させてただきました!

 

 

 

 

 

 

今日ふつうに使われているノコギリや台カンナが登場する以前に使われていた大工道具であるマサカリ、チョウナ、槍カンナがこの会の主役です

(槍カンナは撮り忘れていたので検索してね)

これらをつかって木を斫(はつ)る技術を継承するのが、はつろう会です。 「斫る」とは表面をそぎとる、削りとるという意味です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサカリだなんて昔話の金太郎でしか聞いたことがなかったので立ち木を切り倒す以外にどう使うんだろうと思っていました。
ノコギリがない時代にはこのように丸太をマサカリでばっさばっさはつって角材にしていったそうです。

 

実際やらせていただきましたが、やはりものすごい重い!思い通りのポイントにめがけて振るのがまずできませんでした(^^;)

しかし熟練の職人さんはマサカリひとつでデコボコの表面をきれいに平らにならしていくんだから驚きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサカリで大体平らになったら次はチョウナの出番です。湾曲した持ち手の先にハマグリのような刃がついている道具です。

大工のみなさんは簡単そうに表面をぽこぽこはつってさらにきれいにならしていっていましたが、僕がやるとひっかかりまくったり、足をぶった切りかけたりとこれまた非常に難しかったです。

 

 

槍ガンナもやらせていただけるようでしたが時間がなくて断念。その名の通り槍のような刃物で削りとる道具です。

ここで聞いた話ですが法隆寺の木材は槍ガンナ仕上げで、実は台カンナより撥水性に優れたりしているそうですよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名栗という床柱につかうような銘木もこのチョウナで模様をつけて作ります。

うちの作業小屋になぜかチョウナがあったので近々挑戦しようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも大鋸も触らせていただきました!

とてもいい勉強になりました。来年のはつろう会にはMYチョウナできれいにはつりまくって大工さんらを驚かせられたらいいな~

ではではまた次回~

2018.02.25 by 猪鼻 一帆

エルベシャプリエ京都別館


 

 

京都三条に新しくできた、フランスの鞄屋さん「エルベシャプリエ京都別館」

今回、いのはな夢創園が庭をリノベーションさせていただきました。

素敵な京町屋を改装してつくられており、和洋が上手く融合されたお店のつくりになっております。

 

 

リノベーション前の写真を撮っておけばよかったのですが、、、、

もうジャングルみたいになっており、庭に光が全然入っておらず真っ暗でした。

庭全体を覆い隠している木々を光が入るように剪定(木をハサミを入れて整える)してやることで庭が明るくなります。

 

 

木も大きくなり過ぎると家の方には手に負えなくなります。

庭が暗くなり、光が入らないので足元の植物は生きることが出来なくなり、風が入らないので病気や虫も増えてしまう悪循環に。

木に少しハサミを入れてやることで風通しが良くなり、庭が元気になります♪

 

 

木を剪定してやり、光が入ったので、苔や下草などを植栽してやります。

苔が入ると庭がよみがえりますね~♪

 

 

もともと良い庭なので、積もった葉を取り除いてやり、長い年月で傾いた石を直して本来の形に戻してやります。

そこに苔をはり、下草を植えて砂利を撒いて完成。

夏は涼しく、冬は暖かく四季を感じられる庭に戻りました。

 

 

先日、オープニングパーティーに呼んでいただきました。

流石はエルベシャプリエ、上流階級の方々が続々と来られていて。

浮いた存在ではありましたが、普段接することのない方々とお話が出来てとても楽しかったです。

 

 

 

 

2018.02.25 by 猪鼻 一帆

藤井寺の料亭3 本庭

今日からまた再開していきます。ご無沙汰しております。坪井です。

さて、今回は前々回の続き、藤井寺の料亭の本庭について紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

こちらのお施主様は代々続く料亭のご主人で、趣味が根付のコレクションだったりと、目が非常に利く方です。

数ある造園屋の中から夢創園を選んでくれたと、百戦錬磨のうちの親方が、いつにも増して情熱と秘蔵の材料をつぎ込んだのが今回の本庭となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

像熱と秘蔵の材料というのが、桂垣、雪見灯篭、景石、井戸瓦、創作枝折戸の五つです。

桂垣と創作枝折戸、井戸瓦についてはまたおいおい紹介していきますので、今回は雪見灯篭と景石について紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪見灯篭。こちらはかの有名な映画監督伊藤大輔の旧邸よりもらい受けたものだそうです。

彼もかなりの目利きだったそうで、やはり見た目のバランスはもちろん、パーツごとのホゾなどていねいに作りこまれた逸品です。

 

 

景石は日本三大銘石のひとつの佐治石を据えさせていただきました。

表面のデコボコ、いわゆるジャグレている岩肌、また緑泥石などの鉱物が含まれているため全体的に青黒いのが特徴の渋く美しい銘石です。

現在採取が禁止されているので、この大きさの佐治石はなかなか流通していないこれまた親方秘蔵の逸品です。

 

 

 

 

 

決して大きな庭ではないですが、これだけいい材料をつかい、手間と技術をかけると非常に見ごたえのある庭となりました。

ブログをご覧いただいた皆様もぜひ料亭のおいしい料理を食べに行くのと共にこちらのお庭を見てってください! 詳しくは当社へお電話をおかけになるかメールを送ってください。

 

 

次回もおたのしみに!     坪井。

2018.02.14 by 猪鼻 一帆